レーシックで視力回復!新宿近視クリニック

レーシックで驚異の視力回復!手術翌日には視力が1.2以上に!

 個人差はありますが、多くの場合レ−シックによりメガネやコンタクトレンズで矯正していた以上に、レーシックにより視力回復します。また、レーザーの照射パターンを変えることにより近視だけでなく、遠視や乱視を矯正することも可能です。

 

視力の回復度
 レーシックは角膜の手術のため、角膜の厚みにより治療の適応が変わってきます。
 手術の前に必ず適応検査を実施し、視力や眼圧、角膜の状態などを確認しますが、この検査によって、手術が安全に行える状態かどうかの判断と、手術後の視力回復の度合いが予測できます。目安としては、使用中のメガネやコンタクトレンズで出ている矯正視力と同等、あるいはそれ以上に視力回復が見込めると考えてください。

 

手術の即効性
 術後1週間くらいで術後の違和感がなくなります。
 完全に視力が安定するまでには3ヶ月くらいかかりますが、ほとんどの場合、手術翌日には視力は回復しています。

 

遠視や乱視の矯正
 レーシックは近視だけでなく、手術に用いるレーザーの照射パターンを変化させることにより遠視の矯正をすることも可能です。また、乱視については眼鏡やコンタクトレンズで矯正が可能なレベルであれば、レーシックにより十分矯正することができます。ただし、レーシックで矯正が可能な適応範囲がありますので担当医にご相談ください。

 

老眼矯正とレーシック
 老眼についてはレーシックによる視力回復に効果がありません。
 老眼は眼球などの老化現象の一つで、視点にピントを合わせるために厚さが変化する水晶体自体の柔軟度が失われてて起こる現象なので、老化してしまったものをレーシックで元に戻すことはできません。

 

↓こちらをクリック↓